最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
取引の掟
積み上げた書類

企業が経営をする上での最大目標は、利益の追求にありますが、利益を追求するあまり、かえって損失を出してしまうことがあります。
製造業に対して商売をする材料や部品メーカーでもありうる事ですが、部品や材料を製造会社に卸して、その会社から代金を回収する前に、倒産してしまうといったリスクが有ります。
会社が経営する上で、利益は追求しなければいけないことですが、利益を得ようとすることは、同時にリスクも背負うということになります。
一度の取引で大金が動く取引になると、それだけリスクは負えてしまいます。
相手の会社を見極めて、取引の制限を儲けることにより、損失やリスクを回避する事が、信用調査における与信調査です。

■与信調査
信用調査は、基本的には外部に依頼して行うことが多いです。
これは、調査会社は信用調査を行うことを生業としているため、独自の技術ややり方があるからです。
調査の種類にも様々な種類があります。
同業者に聴きこみをする方法、取引先の会社の社員に直接聴きこみを行う方法、訪問見学する方法など、沢山種類があります。
また、官公庁などにも会社の情報が登録されているので、そこから調べることが出来ます。
インターネットを活用した検索調査も最近では多くなっています。

■信用の管理
与信調査を行う事で会社与信を管理し、取引先の取引限度額を定めることを与信管理と言います。
様々にある企業の抱えるリスク管理の一つとして会社与信の管理があります。
与信とは信用度です。取引先が信用できる企業かどうかを調べることが、自社を損失から守ることに繋がります。
与信調査、会社与信の管理が重要になります。
具体的な対策は、相手の経営方針や経済状況といった要素に不安要素が存在するかを確認することです。
経済状況が危うくなっている企業との取引はなるべく避けるべきです。
すでに取引をした後で、危うい事が分かったら、新たな取引契約を結ぶ前に、信用限度枠を見直す必要があります。
また、代金の回収を催促するといった処置が必要になります。
会社与信を管理することは、取引を行う上では重要な要素になります。

オススメリンク

パソコンをする男性

与信管理

与信管理を行う上で、取引の形態によって、与信管理の方法というものが変わってきます。大口の取引を行う時は、必然と […]Read more
名刺交換

調査

自身の会社与信の管理方法として、相手との取引の限度枠を決める事がリスクの回避に繋がりますが、企業の経済状況や経 […]Read more

関連リンク